不可能を可能にできる?<わたしの制限>を超えていく方法


「そうしたいんだけど、できない」

「注意散漫で、やりたいことに集中できない」

「頭が混乱している~」

「疲れたな~」

「イライラするぅ」

「もう、やめたい!諦めたい・・・」etc 





人生の中で、迷路に入ったような気持ちになったり、

はっきりと何が起こっているのか理解できなかったりする時は、

今の現実をうまく取り込めない<自分自身の>古い意識構造に

しがみついているのかもしれません。


ある時、人生の中に、ひらめきの瞬間、平凡な日々に差し込む光、

可能性を感じるワクワクすることがやってきます。

その道に進むことを考えたら熱くなる、ワクワクする、

心からその道を進みたいと思う・・・



けれど、すぐにそれは色あせてしまいます。



「それはできません。私はそういうことには向いていないんです。

わかっています。なぜなら○○○○」



○○○○の中に、どんな言葉が入りますか?



・好きな仕事を選んだ私の姉は、全てを失いました。

・学校の先生が、そう言ったからです。

・テレビでそんな番組を見ました。

etc




「好きなことをして生きていけるほど、世の中は甘くない・・・」

「人生はそういうもの・・・」

「私には、続ける能力がない、だって何一つ続いていないのが証拠・・・」




古い意識構造の考えは続きます・・・



Harry Palmerさんが「The Avatar Path(アバターの道)」の中でこう書いています。


「確かに、時期や状況によっては、

制限する信念(壷=制限 の中にとどまること)が有利なこともありますが、

それはあなたの人生の中の何章かにすぎず、人生全ての話ではありません。


あなたの壺より大きいチャンスには、リスクがつきものです。


リスクを回避するためだけに人生の決断をすると、

自分の壺からは決して出られないかもしれません。

あなたの将来には腐敗が待っています。

適応能力を持つのは賢明なことです。

信念は自分に役立つ間だけ使うことにして、

それが成長を制限するようになったら再検討しましょう。

もしかすると不可能だと思っていたことが、実は達成可能なのかもしれません。

柔軟性のない信念で、自分の力を制限してしまうのは賢明ではありません。


アバター教材の価値は、自分が腐り始める前に自分で壺を割るのを可能にすることです。

あなたはどれぐらい大きく、どれぐらいパワフルに、

どれぐらい成功するように成長できますか?

その答えは自分の壺を割らなければ決してわかりません。」










成長を制限するようになったら、再検討する・・・という魔法。


自分が教えられてきたことが、もう役に立たず、ただの思い込みだと気づくとき、

未来へのチャンスをしっかりつかめる新しい意識構造への扉が開かれます。

古い意識構造〜教え込み〜から外に出るには、

そのトピックやテーマについて、たくさんの異なる多様な視点を

この視点は正しい、あの視点は間違っているというゲームなし

考えたり感じたりする能力を目覚めさせることです。




※書籍「The Avatar Path(アバターの道)」って、どんな本?

※<自分自身の>古い意識構造から脱出する方法を垣間見る



 

​あなたの人生の可能性をひらく
​意識の探検テクニック

フォロー

  • Twitter
  • Facebook

問い合わせ

住所

​京都 日本  ・  Orlando USA

アバター®︎、スターズ・エッジ・インターナショナル®︎、リサーフェシング®︎、ソートストーム®︎は、

スターズ・エッジ・インターナショナルの登録商標です。
全ての権利は同社が保有しています。