『怒り』の感情は、変化への招待状。


「怒り」


この感情を経験したことがない人は、いないでしょう。


多くの人は、怒りに直面すると蓋をしようとします。 もちろん自分の感情に任せて、攻撃したり 傷つけたりすることは、さらに物事を悪化させます。 そして、怒ることで「良い人でなくなってしまう」ことは 一番避けたいことであったりもします。 なので、怒りを、頭から否定し、無視し、覆い隠そうとする。 怒っていないふりをしたり 気をそらせて怒りの感情を鎮めたりすることもある。 つまり、私たちは自分の怒りに耳を傾ける以外のことなら なんでもするのです。



実は・・・怒りは耳を傾けてもらいたがっています。 怒りはこころの叫び。 まぎれもなく、今、ここにある<心の青写真> 隠そうとしたって、ごまかそうとしたって <今、ここにある>のだから、仕方がない。 もう、観念しましょう。


正直に自分の心を感じるチャンスです。 怒りは、変化への招待状。 正直に感じることで、私たちの限界がどこにあり 私たちがどこに向かいたがっているかを教えてくれます。 そして、自分を苦しめている自分自身の中にある仕組みへと 勇気を持って探検することによって ごまかすことなく「怒り」から離れることができます。 他者を傷つけたり攻撃することなく 自分の怒りに向き合うことはできるのです。

許しの技術 (以下は、Harry Palmer著「許しの選択肢」より抜粋) 許さないことによってもたらされる結果があります。 許さないことは被害者意識へと通じ、苦しみを長引かせます。 そしてそれが将来の誤った行動の根源となるのです。 もし虐待する人を座らせて、他人に危害を加える動機が何から生まれているかを探求させたら、許されていないたくさんの恨みや 昔の侮辱、裏切り、そして不当な扱いが見つかるでしょう。 そうしたことのせいで虐待する人たちは自分が選んだ相手を誰でも傷つけてよい権利が自分にはあると感じているのです。 許しはその「虐待されたから虐待をする権利がある」 という連鎖を断ち切ります。 この連鎖を断ち切ることは自分に対する優しさであるだけでなく、未来の世代にあなたが与える恩恵なのです。






これまで 許す方法を誰かに教えてもらったことはありますか? 許す方法は、プロセスです。

あなたも手に入れることができます。


「許し」のプロセスを知りたい方は、PDFをプレゼントします。

こちらから申し込みください。



閲覧数:72回0件のコメント