過去の呪縛から自分を解き放つ!無意識に創り出していた失敗のパターン

意識を探検することのご褒美は

自分の未来を大きく変えるような<力>が

自分の中に、もうすでにあると気づくことです。


気づくという経験を通して、

自分の人生を舵取りして意図的に生きるという自由を取り戻す・・・


アバターツールを探検している友人:老舗旅館5代目女将でもある勝崎ゆきさんから

<気づく>という探検の貴重なお話をお聞きしました。



父と別れたのは、6歳の時でした。


今、48歳ですから、あれから42年も経ちました。

亡き父の再婚相手の方から息子の入学祝いをいただいたり、


なぜかこのタイミングで叔母から、父との写真をもらったりして


ふと、


「父とのことをアバターツールで探検してみたらどうかな?」


と思ったのです。



自分にも隠してきた拒絶と分離感


これまで、


「父のことを恨んでもないし、いなくなったことは私には何の影響もない」



と、思ってきました。



けれど、私の心の中にあったのは


私の人生の中に、父は「いない」という感覚。


そう、


<父>とは思っていない・・・という拒絶と分離感でした。





この拒絶と分離感は、どこかで私の<今>の人生で影響しているだろう・・・


そして、助けになっているというより、致命的なほど力を奪っているということは、


これまでのアバターコースの探検の成果で、気づいていました。



人生で、何度も何度も脳裏に浮かぶ、父との別れ際の光景。

その日、父は久しぶりに家に帰ってきて、おばあちゃんとお母さんと話をしていました。

しばらくすると、おばあちゃんがすごい剣幕で私の部屋にやってきて来て、



「お父さんが何を言っても、うんと言うな」と、怖い顔で言うのです。


そして、そのあと父が部屋に入ってきて、ふたりで話をしました。



これが、父との最後の日になりました。



「6歳の私に何ができたっていうの?」


「私は、何も悪くない」


という想い。


でも、無意識に、このことがひっかかっているのは、確かでした。



アバターの中の誠実さを探検するツール(手法)を使って


この出来事について自分の内側を見つめてみると・・・


すると、探検の中で、忘れていた記憶が、ふと浮上してきました。




あの時、お父さんは部屋に入ってきて、こう聞いてくれたんです。



「お父さんと一緒にいくか?」


‥‥‥私は、返事をしませんでした。



私は、ただ、祖母に怒られたくなくって、


祖母の言いつけに従うことを選んだのです。


そう、その時、力ある者に<従う>ことを、私が決めたのです。


決めたのは、私。


一緒について来るかどうか、ひとりの人間として、私に聞いてくれた父。



父の心からの言葉を受け取らず、感じることもしなかった。



そして、力に<従う>ことを決めた私。



これが6歳の私が、父にしたことでした。



ほんの一瞬の出来事が、 それからの人生に隠された影響を及ぼしていた


<従う>ということを自分で決めていたと気づいた瞬間から、



私の中で、過去の呪縛が急速に、とけはじめました。



ずっと不思議だったことの答えと、父との出来事がつながっていた・・・



と、突然、わかったのです。



それは、人生でくりかえし起こる「自分の望んだ道に進めない」という経験。



人生の分岐点で、夢に向かおうとするのですが、不思議とそちらにいけないのです。



小学校のことから憧れていた夢「美大に行く」ために


祖母の反対を押し切ってデッサンの教室にも通ったのに、


なぜかいろんなことがおきて挫折してしまい、結局家業に入ってしまう・・・


などなど、あらゆる分岐点で、まるで呪縛のように自分の道を進めない。


自分で、自分にも隠していたけれど、


進路を決める時、社会人になる時、


どこかで祖母の期待に、無意識に応えようとしていた私がいたんだ・・・と、


今ならはっきり認めることができます。


それは、「おばあちゃんに従う」と決めたあの6歳の瞬間からスタートし、


私のこれまでの人生に影響を及ぼしていました・・・



人生の中でつきまとっていたお父さんに対する<拒絶と分離感>


自分がそう感じるようになった本当の理由を、自分からも隠してしまっていた。


お父さんを拒絶した本当の理由は、お父さんを悪者にすることで、


自分が冒した罪の意識によるダメージを感じなくていいという心のトリック。




つまり聖人から1ドルを盗むよりも、 別の泥棒から1ドルを盗むほうがずっと罪が軽いというわけです。 「個人的誠実さ」のミニコース 著 ハリー・パルマーより



そして、自分の気持ちを誤解するにつれて、人生は思い通りにならない方向に向かいます。 






会話の最後に彼女は私にこう言いました。



「私は、自分の望む道を進めなかったと思っていたけれど、


本当は、決めていることを経験していただけなんですね。


従うと決めていたから、これまで自分の望む道を進むことができなかった。