子育ての<見えない敵>からの呪縛を解き放つ



友人たち数人が、テレビドラマ「僕らは奇跡でできている」にとっても感動した・・・

という話を聞いて、ボチボチAmazonプライムで見ています。







物語に登場するのは、動物と絵が大好きで、一方で、活字を見たり理解するのが不得意な小学生のKOICHIくん。


好きなことに好奇心たっぷりで、夢中になった時の集中力のすごいこと!


そんなKOICHIくんのテストの点を見て、わが子の将来について不安を募らせるお母さん。


なんとか学校の勉強に追いつかせようと塾に通わせますが、なかなか思うように結果が出ず、不安とイライラは募るばかり。


「あの子のためにも人並みにできるように、私がなんとかしなければいけないんです。

やればできるということを教えてあげたいんです。」


というお母さんに、KOICHIくんと心通う主人公のかずきさんは、こう答えます。


「子供の頃、人と同じようにできなくて、学校で先生でに怒られてばかりでした。

僕を馬鹿にしたようなことを言う人たちもいて、学校は大嫌いでしたが理科は大好きでした。

(中略)

すごいって言われるのが嬉しくて、もっとすごいって言われたいと思いました。

すごいって言われたいから、理科クラブを続けました。

でも、生き物の事は絶対負けたくないと思っているうちに、

すごいことやらなきゃって思うようになりました。

そしたら、生き物の観察が楽しくなくなりました。

辛くなりました。

(中略)

そんな僕を見て、おじいさん(かずきさんの祖父)は笑っていました。 できてもできなくても、僕はいてもいいんだなーって思いました。

そうしたらよく眠れるようになりました。

生き物の観察をまたやりたいって思いました。」



KOICHIくんのお母さんのガチガチだった心がとけはじめます。


お母さん

「(不安とイライラは)だめな子だっていう目で見ていたからだと思います。

学校で悪目立ちしてると思った。

ダメなのは私でした。 KOICHIがみんなと同じようにできなくて、だめな母親だって思われるんじゃないかって。

不安で。」


かずきさん

「誰がそう思うんですか?」


お母さん

「そうですよね。

見えない敵を自分で勝手につくっていました。

私、KOICHIのことがうらやましかったのかもしれません。」







見えない敵の正体は、実は、自分の頭の中にいます。


この見えない敵は、こどもへの愛情を、不安や強制、コントロールに変えてしまいます。


「愛するわが子にとって、いいお母さんになりたい」と願うなら

頭の中の、色眼鏡、価値観、ジャッジメント、フィルターという<見えない敵>を手放すこと・・・これが大きな助けになります。


そして、手放す方法<アバター>があります。


自分のフィルターを探検する1時間のアバター無料体験は・・・




#心の呪縛 #僕らは奇跡でできている #アバターコース #意識の探検 #意図的に生きる #無意識 #透明な信念 #手放す #思考は現実化する #リサーフェシング #信念の管理 #自己受容 #自己開発 #悔いのない子育て #子育ては学び #子育ての悩み #言うこと聞かない #中2病 #子育て中2ママ #子育てを楽しむ #子育てアドバイス #子育ては親育て #子育て難しい #子育てと仕事 #子育てって大変 #思春期子育て

 

​あなたの人生の可能性をひらく
​意識の探検テクニック

フォロー

  • Twitter
  • Facebook

問い合わせ

住所

​京都 日本  ・  Orlando USA

アバター®︎、スターズ・エッジ・インターナショナル®︎、リサーフェシング®︎、ソートストーム®︎は、

スターズ・エッジ・インターナショナルの登録商標です。
全ての権利は同社が保有しています。