パートナーと意識の探検の旅〜インターナショナルコース体験談

最終更新: 2019年3月4日


Akiko Kawakami   女性 南米チリ/ アバターにはとても優れたツールがたくさんある。


自分の本当の思いを知る為の、自分を制限している信念を探すための、夢を実現するための、他人に優しくなるための、良い人生を送るための、たくさんの信じられないようなツール。


これを開発したハリーさんはどんな頭の持ち主なんだろうってびっくりする。


ハリーさんのツールの意図は覚醒した星の文明をつくること。


私はこの意味がよくわからなかったので、実益を兼ねた趣味としてアバターを捉えてきたけど、これは大間違いだったことが、数年経って初めてわかった。


覚醒した星の文明。


争いがなくて、慈しみにあふれ、みんなが満足して幸せな世界。


それは、私たち一人一人の違いが、信じていることの違いだけで、それは簡単につくりだしたり、消したりできると、みんなが体験的に知ったとき、訪れる。


その為には、みんなにアバターの技術、視点を教える必要がある。



さて、今回、8年を経て、私は初めて教える立場、マスターを経験した。 そして、私のパートナーのチュース!が初受講。


去年、チュースに、「ねえアバターコースに行こうよ」と言った。拒絶するのかと思いきや、興味があり気なので、今年、もう一回言ってみた。


具体的な日程も含めて説明すると、「いいよ、行こう」とのこと。


ほんとかよ、と思いながら本を渡すも、読まない。


いよいよコースが始まると、本を読む宿題をしなかったチュースは最初から苦戦。


その本の最初に人生について振り返るワークがあり、その質問に答えることへの抵抗がでてしまったのだ。


チュースにとって、自分の特殊な人生はこんな数ページに収まるものではない、みたいな。


私も最初アバターを始めた時、色んな抵抗があって、進めなかった。


そんな人には個別に7つのミニコースが準備されていて、私はそのうちの3つくらい、やることになった!


でも、チュースの場合は5つだった!


これに付き合ってくれたのが、メキシコのマスターたち。

このチームで面白かったのは、メキシコに住んでいるけど、スペイン人とか、フランス人とか、日本人とかウルグアイ人とか。 アメリカに住んでいるけど、コロンビア人とか、ベネズエラ人とか、国籍と住んでいる場所が違う人たちが多かったこと。


そして、印象的だったのは、メキシコのユカタン半島から来たマスターたち。



1歳児2人の面倒を交互にみながら、コースを進める、その団結力と、お母さん2人がみんなに寄せる信頼感。 私も数時間子供担当をしたけど、穏やかな気持ちが安定している良い子たちで楽しかった。 もしかして、普段は違うのかもしれない。 アバターの空間が子供達にとっても優しく安心できるものだったから、とても落ち着いていたのかもしれない。



このマスターたちの辛抱強いガイドのおかげで、チュースも嫌になることなく、ミニコースを進めることができた。 アバターの空間、意識を探るコースのおかげで、口げんかが絶えない私たちは、10日間、一瞬も口げんかをしなかった! そして、文句の多いチュースが、文句をほとんど言わなかった! 彼とこんなに落ち着いて過ごすことができるなんて、信じられないと思った。 そして、禁酒も実行できた。


これは、すごいことだ。



最終的に、チュースは自分の視点以外の視点があることや、信念は変えられることを体験的に学習できた。 (これは、頭で知っていることと、体験的に分かることでは、天地の違いがある) これからは、少し頭が柔らかくなってくれるかも!


私はチュースのがんばりに頭が下がった。 自分はなんにも変えるところがない、と言い張りながらも一瞬もボイコットすることなく、ワークを続けてくれた彼。 結局予定したところまで行かなかったけど、それも必要なことだったのだろう。


これからが楽しみだ。



さて私も、大きな学びがあった。 自分に自信がない、というテーマでワークをしたら、肩こりが激減した。 そして、全ての信念や身体の感覚さえも、自分が創り出しているということが経験的に分かったのは、感動的だった。 マスターとしては、ツールのもっと深い理解が必要なのと、何よりスペイン語力不足により、たくさんの努力の必要性を感じたけど、マスターたちがいかに、チームで働いているか、そして、生徒がつまづいたときの対応のすごさなどがよく、わかった。

1000人近い、いろんな国からきた人たちが、それぞれに、自分を探求する空間なのに、あり得ない程の居心地の良さ、これは一体なんなんだ!と思った。


アバターって、面白いな。



ネットで検索すると、悪い事も出てくるけど、残念ながらそれを書いた人たちは、自分と向き合うことが出来なくて、アバターのコースで良い経験をすることができなかったのだと思う。アバターでは、いかに自分に正直であるか、が求められるので、しんどいときもあるけど、それが、クリアになったときほど清々しいものはない。


Akiko Kawakami   Chili ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Akikoさんが執筆した Expat by courrier「海外で暮らしてみたら」


~手作り調味料の勧め~



AkikoさんのBlog かわうそチリ日記



いろんな人のいろんな進化・・・アバター体験談TOPページは、こちら Who am I?不可能に思えることを可能にするアバターコース 、次の開催は・・・

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸

All content © 2017, Star's Edge, Inc. EPC is a service mark of Star's Edge, Inc. Avatar®, ReSurfacing®,  Thoughtstorm®, Love Precious Humanity®, Enlightened Planetary Civilization®  and Star's Edge International® are registered trademarks of Star's Edge, Inc.  All rights reserved.