できることだけをやっているだけでは、人生に奇跡は起こせない

最終更新: 2018年11月27日




自分のできる範囲を超えて、いつもはしないようなチャレンジをする・・・


それは、自分があたりまえのように避けている何かに、真正面から向き合うということかもしれません。


それには勇気という燃料が必要。



・一度ダメでも、あきらめずにあらゆるチャンスを探す。


・不安より、「できる」ことを信じる


・相手の成長のために、忍耐強く待つ


・やりたいことを正直に伝えてみる


・思いきって、つながってみる


etc


人によって、何がチャレンジかは違っていて、心静かに感じると、自分が何を避けているのかを感じることができると思います



成長をはじめたばかりのカボチャを見つける農夫の昔話があります。その小さなカボチャを風雨から守るため、農夫はカボチャを壺の中に入れます。それから彼は仕事に戻り、カボチャについては忘れてしまいます。収穫の時期になっても、そのカボチャは壺の大きさまでしか成長しません。かつてはカボチャを守ってくれた壺が、いずれはその成長を制限するのです。 The Avatar Path 「壺を割る」 著:ハリー・パルマー

自分を守ってくれていた考えや態度が、今や自分の可能性を制限している・・・


それに気づくのは、かんたんなことではありません。


壺の中のカボチャは、成長を止めると腐り始めてしまうのが厳しい現実です。 母なる蔓はその聖なる性質に従い、生命エネルギーをまだ成長可能な果実の方にシフトさせるのです。 The Avatar Path 「壺を割る」 著:ハリー・パルマー

確かに、時期や状況によっては、自分を制限する考え(できることをやっている)に止まることが有利なこともあります。


ただ、それは人生のひと時の話であり、人生すべての話ではなりません。



あなたの壺より大きいチャンスには、リスクがつきものです。リスクを回避するためだけに人生の決断をすると、自分の壺からは決して出られないかもしれません。あなたの将来には腐敗が待っています。 The Avatar Path 「壺を割る」 著:ハリー・パルマー


もしかすると、不可能だと思っていたことが、実は可能なのかもしれません。 チャレンジの前は怖いけれど、通り抜けたら想像以上の未来がやってきます。



アバター教材の価値は、自分が腐り始める前に自分でつぼを割るのを可能にすることです。あなたはそれくらい大きく、どれくらいパワフルに、どれくらい成功するように成長できますか?その答えは自分の壺を割らなければ決してわかりません。 The Avatar Path 「壺を割る」 著:ハリー・パルマー


自分で自分の壺を割る技術、Avatar体験はこちらから

すぐに読める!「The Avatar Path」の購入はこちらから


  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸

All content © 2017, Star's Edge, Inc. EPC is a service mark of Star's Edge, Inc. Avatar®, ReSurfacing®,  Thoughtstorm®, Love Precious Humanity®, Enlightened Planetary Civilization®  and Star's Edge International® are registered trademarks of Star's Edge, Inc.  All rights reserved.