あきらめなければ、失敗とは呼ばない。

とてもやりたいこと。自分を熱くさせてくれるもの。


そして、自分を成長させてくれるチャレンジングなこと。


でも、それをするには、今、お金も足りない、時間もつくれない。



いつか、お金が創れたら・・

いつか、スケジュールが空いたら・・・



と、今、それに手を伸ばすことをあきらめて、先延ばしにしてしまうことは、カンタン。 そして、それは世の中の大勢の人がやっていることだ。




アバター第一部:リサーフェシングを受講したひとりの女性。

いつもならあきらめてしまう自分の目標を、 リサーフェシングの中のあるエクササイズをつかって、 「どうやったら、可能なのか」という視点で探検をしました。

リサーフェシングで見つけた

「自分の力では無理だと思っていることも、もしかして可能なのかもしれない」

という希望が出発点。


目標に対する思い込み、あきらめた方が失敗に直面しなくてすむ,

自分の力を過小評価する過去から持ち越した制限ーどうせ無理etc

正直に探検し、それらを直視すると、

今まで絶対無理とあきらめていたことに、機会の道が現れた。



そして、自分の思い込みを超えて行動したら、いともカンタンにやりたいことができてしまった。



あまりにもカンタンで、あっけにとられたのは、当の本人に違いない。




人は、自分のことを過小評価することで、あまりに多くの制限を真実だと信じてしまっている。


必要のない思い込みが解き放たれたら、その人はどれだけの力を発揮できるだろう。


チャレンジが怖いものではなく、冒険になっていく。


自分では実現不可能な夢だと思っていることでも、 別の考え方をすれば妥当なことかもしれません。         ハリー・パルマー

自分自身の意識の舞台裏を探検する2日間:リサーフェシングワークショップはこちらから


  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸

All content © 2017, Star's Edge, Inc. EPC is a service mark of Star's Edge, Inc. Avatar®, ReSurfacing®,  Thoughtstorm®, Love Precious Humanity®, Enlightened Planetary Civilization®  and Star's Edge International® are registered trademarks of Star's Edge, Inc.  All rights reserved.