恋愛がうまくいかないのはなぜ?「ものの見方」を変えて人生を取り戻す方法。

最終更新: 2018年11月27日



アバターコースの4日目。

「この練習やって何になるねん!」と批判的に感じたエクササイズがあった。


「意味がない」

「やっても無駄」

「興味ない」

「ほかにいいやり方がある」


さっさとその練習をすませたい衝動が心の底から湧いてきた。


アバターマスターから「その感覚を探検してみますか?」と提案してもらった。


私は、人生でどうしても現実にしたいことがあった。

それは「幸せなパートナーシップをつくりたい」ということ。

とにかく、恋愛がうまくいかない。半年以上、男性と付き合ったことがない。

友達との関係も切れてしまう。

人のことを、かけがえがない存在だとどうしても思えない。


「この練習が本当に役に立つの?」と聞くと、とっても確信を持って「YES」とアバターマスター。



第二部の別の練習では、価値判断を認識したり、創ったり、変えたりする能力を開発します。これで皆さんは自分の人生のパターンに、本当の意味で目覚め始めます。 「リビング・デリバレイトリー 自分が決める人生の生き方」 著:ハリーパルマー

そこからは探検。


覚悟を決めて、教材の練習をただやり続けた。


すると、急に「あぁ・・・」と暗闇に光が差し込んできたような瞬間があった。


これは、父に対しての価値判断だ。


父が家を出て行った時に、取り入れた<ものの見方>


「私は大丈夫」

「私にとって何の意味もない」

「いてもいなくても一緒」

「興味ない」


しっかりしている母と姉が弱っていた。

私がしっかりしなきゃと思った。

私まで、悲しんで弱っていたら、みんなで落ちてしまう。


私は何にも感じない。

悲しいとか感じない。

ドライかもしれないけれど、全然大丈夫。


「あなたが大丈夫なのが唯一の救い」と母が呟き、ますます私は感じないようにした。

そして、感じる代わりに「意味がない」「やっても無駄」「興味ない」という考えを握りしめた。



ただ1つの視点を守り、擁護するのは、何かを別の見方でみることを拒否するということです。(これが、こころの始まりです) 人は自分を特定の視点の中に閉じ込めてしまうと、同時に他のさまざまな視点からは自分を締め出しています。 「アバターの道」著:ハリー・パルマー



その当時握りしめて今まで離さなかった視点を、アバターの<ものの見方>についての練習の中でとことん探検していった。


すると、頑なに「真実だ」と思っていたことが、自分の中からはがれ落ちていった。


お父さんのことが大好き。そして、私にとってかけがえのない大切な存在。


それを感じたくなくて、無意識に<感じる>ということを閉じてしまっていた。


自分の気持ちを感じることをやめると、

人の気持ちを感じることにも興味がなくなった。


自分をボロボロにするような恋愛ばかりしていた。安売りしていた。自分を大事にしなかった。受験で自分をいっぱいにして、偏差値トップの大学に入学したけれど、それで目的を失った。心からみんなとの時間が楽しめなかった。ピリピリしていた。



未来の方が大事やな。ばからしくなった。



何も感じないことが強さ。

だと思っていたけれど、

何でも感じることが強さ、なんだ。


何でも感じていい~。いつも感じている人でいたいっ!

心の中で秒針の音が聞こえてきて、時間が止まっていたなと気づいた。

17歳の時に止めた人生の時間  35歳になってやっと動き出した。


M.M  京都府


意図的に視点を変える能力は、アバター教材が回復させるものの一つです。 「アバターの道」著:ハリー・パルマー


意識のパワーの使い方の指南書:アバター書籍はこちらから


自分の人生を取り戻す・・・次のアバターコースは・・・

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸

All content © 2017, Star's Edge, Inc. EPC is a service mark of Star's Edge, Inc. Avatar®, ReSurfacing®,  Thoughtstorm®, Love Precious Humanity®, Enlightened Planetary Civilization®  and Star's Edge International® are registered trademarks of Star's Edge, Inc.  All rights reserved.